私たちの紹介

 

 

オメガ系オイルのつくり手である私たちのメンバー、事業所、工場、プラント、そして立地。背景や資産などを紹介します。

 

 

 

会社名:合同会社OMEGAファーマーズ

 

所在地:北海道士別市武徳町44線東7号

代表社員:中島英利

 

事業内容:農産物の生産・加工・販売

亜麻・荏胡麻・菜種の搾油、販売など

生産規模:亜麻・荏胡麻・菜種など 合計約250ha

 

出資金:31,950千円

設立:2019年5月31日

 

 

 

 

 

工場からの視界は全て空と山と畑。ここから皆さまの食卓へお届けしています。

 

 

 

実行者紹介

合同会社OMEGAファーマーズ

代表社員 中島英利

 

業務執行社員

中島英利

三好和巳(生産者リーダー)

大西福生(大西農場 代表)

株式会社オレンジファーム(代表取締役 竹田拓森)

木村哲哉(木村農場 代表)

株式会社アグリプロダクト笠井(代表取締役社長 笠井正憲)

有限会社中藪農園(代表取締役 中藪俊秀)

西島一洋(西島農場 代表)

株式会社牧野農園(取締役 牧野健仁)

 

 

 

代表社員

中島英利(なかじま ひでとし)

1990年㈱北海道銀行入行。

2005年より法人営業部にて農業分野担当。アクリビジネス推進室 室長を経て、2016年音更支店長。2018年より、アグリビジネスプロジェクトの推進担当となり、2019年7月、合同会社OMEGAファーマーズ代表社員に就任。日本政策金融公庫農林水産事業認定:「上級農業経営アドバイザー資格取得」道内の農業法人の金融・コンサルティングなどを手掛ける。53歳。札幌市出身。

 

 

 

 

生産者リーダー

三好和巳(みよし かずみ)

1952年生まれ。地元で50年近くにわたり営農をつづける。23歳のときに父親が他界。農地を引き継いだときは27ha(およそ東京ドーム6個分)の土地をほぼ1人で作業した。現在は120haの圃場を管理する。(東京ドームおよそ25個分)大型農業機械の営業担当とヨーロッパ視察にでかけた39歳の時をきっかけに、ヨーロッパを頻繁に旅するように。その頻度は2年間で3回。1度の渡欧で最長半月ほど周遊する。視察で得た現地の交流や、現場で得た知見は、自身の営農にも反映。行動に徐々に影響をうけた仲間たちが徐々に結束し、ヨーロッパ視察は視察隊になる。実質的には、これがOMEGAファーマーズの前身組織となる。「味は土からつくる」「不作は人災」と言い切る、農の哲学人。

 

 

 

 

この工場に原料を集めて搾油。ここから皆さまの食卓へお届けします。

 

 

 

 

札幌から北に180km。北海道士別市旧武徳小学校の跡地を再利用して、本社事業所と搾油・精製プラントを設置しました。

 

 

各地で収穫され、風乾燥(原材料と雑草などの夾雑物を分ける工程、この工程を繰り返すことにより、高品質な原料をつくります)によって選別された原材料を仕入れ、製造しています。

 

旧武徳小学校跡地の体育館を活かして内部をプラントに

 

 

菜種油のプラント

 

 

 

亜麻仁油・荏胡麻油:バッチ式生産

菜種油:連続プラント生産

受入収量:400t

販売形態:一般個人消費者向け小瓶・ボトル、業務用一斗缶

※受入収量は年度によって増減あります。

 

 


 

 

 

料理監修

川端美枝 Mie Kawabata

イタリア料理「イルピーノ」オーナーシェフ

北海道札幌市生まれ。大学卒業後に勤めていた銀行を退職し、骨休みに行ったイタリアでイタリア料理の奥深さを知り、毎年イタリア各地に留学し料理とワインを学ぶ。その後フードコーディネーターの資格を取得し、後に「イタリア料理イルピーノ」をオープン。北海道の素材を使用したオリジナル商品の開発・販売。料理教室講師。6次産業化ボランタリープランナー。企業、自治体の食のアドバイザー等。

 

お問合せ
各種お問合せはこちらからどうぞ
お問合せ >
TOP
私たちの考え方
私たちの紹介
私たちのブランドと商品
私たちの流儀
ヴィジット・ファーム
ニュース・トピックス
アクセス・コンタクト
特定商取引法表示
お問合せ